ワンズデスクについて

2009 年 3 月 23 日

【wanz desk】の組み立て方法をご紹介!

こんにちは♪
ファインドイフの山岡です。

今日は、【wanz desk】の組み立て方についてご紹介いたします。購入に際してひとつ心配なのが自分で組み立てることが出来るかどうかだと思います。当店のお客様の殆どがシングルデスクもLデスクもご自分で組み立てていらっしゃいます。今までで組み立てることが出来ないといったお客様はいらっしゃいません。

遅ればせながら組み立て方法をBLOGにてご紹介いたしますので、ご自分で出来そうか確認してみて下さい。組み立てサービスは有料になりますが、一流オフィス家具販社の物流子会社が配送し、組み立て致しますので、ご安心頂けるサービスです。

①部品の確認
【wanz desk】は、天板(1枚)、脚(左右各1ケ)、ビーム(1ケ)、組み立て部品(1式)、組立・取扱説明書が梱包されてお客様のお手元に届きます【写真1】。梱包は2パッケージで、天板+ビーム+組み立て部品+説明書が1パッケージと脚左右1組が1パッケージになります。天板のパッケージは、そのサイズにより非常に重い場合がありますので取り扱いにはご注意が必要です。

e58699e79c9f1

【写真1】

②脚とビームをつなぎます
脚のアルミダイカスト部品のツノ部分にビーム(角パイプ)を差し込みます【写真2】。この時、角パイプに2個連続して明いている穴とツノのタップが切られている穴が合うように差し込んで下さい。片側が差し込み終わったら反対側も差し込んでください【写真3】。そして、組み立て部品にある太くて短いねじ(バインド小ねじM8×L15【写真4】)をねじ込んでください【写真5】。ただしこの時は、軽くねじ込んでもらうだけで結構です。

e58699e79c9f2

【写真2】

e58699e79c9f3

【写真3】

e58699e79c9f4

【写真4】

e58699e79c9f5

【写真5】

③天板を載せます
組み上がったフレームに天板を載せて下さい【写真6】。この時、天板には前後があります。天板のナット部とフレームの穴の位置を確認して載せて下さい。天板はサイズによって非常に重い場合がありますのでご注意下さい。

e58699e79c9f6

【写真6】

④天板とフレームを取り付けます
この④の段階ではすべてのねじは軽くねじ込んで(=仮止め)もらうだけになります。まず、ビームの両端2個の穴とそれに合う天板ナット部を細くて長いねじ(バインド小ねじM6×L50【写真7】)で仮止めして下さい【写真8】。次に脚側のパイプに明いている穴と天板のナット部をやはり仮止めして下さい【写真9と10】。穴の位置が合いずらい場合がありますが、脚を少し動かしながら穴位置を確定して下さい。脚の金具の穴と天板ナット部が自然と合うはずです。カバーと一緒に細くて短いねじ(トラス小ねじM6×L15【写真11】)仮止めして下さい【写真12】。

e58699e79c9f7

【写真7】

e58699e79c9f8

【写真8】

e58699e79c9f9

【写真9】

e58699e79c9f10

【写真10】

e58699e79c9f11

【写真11】

e58699e79c9f12

【写真12】

⑤全てのねじを本締めします。
②と④の仮止めしたねじをきつく締めこんで下さい。これで完成です。

p1300081

【完成写真】

全行程、組み慣れた私が組んだ場合10分弱で完了します。

コメントをどうぞ

ページの先頭へ