ワンズデスクについて

2009 年 7 月 21 日

モニターアームの取り付け②

こんにちは♪
ファインドイフの山岡です。

前回、モニターアームとモニターを購入して【wanzdesk】に取り付けてみましたが、今度は実際に購入したモニターアームの耐荷重値をかけてみることにしました。

サンコーのMARMGUS11Lはアーム1本の耐荷重は10kgです。取り付けテスト品は【wanzdesk】最大サイズのW1800×D800を用意しました。※モニターアームの支持柱の取り付けはクランプ式なのですが、締めつければ締めつけるほど締まるので注意が必要です。天板やクランプ部が破損する恐れがあります。

モニターアームの取付位置は天板の中央で天面から250mmの高さの位置にアームが来るようにしました。荷重をかけるにあたってアームを真っ直ぐに約50cm前に出し、それぞれのアームの先端に10kgづつ荷重を乗せてみます。この時の【wanzdesk】の状況を確認したいと思います。

◆◆ 荷重時写真 ◆◆

p7140017_1

◆◆ 荷重時取付部写真 ◆◆

p7140018_1

結果、当然ですが荷重をかけた時に支持柱が傾きますが、天板が破壊したり変形するようなことはありませんでした。

モニターは益々大型化し、モニターアーム自体の耐荷重も千差万別で、当店で全てのアームやモニターについて取付確認をするわけにはいきませんので、モニターアームの取付について【wanzdesk】は何kgまで耐えられますとは言い難いのが実際です。今回対象にしたアームの限界値ではデスクとモニターアームのそれぞれに問題は発生しませんでしたので、十分な強度は確保できていると思いますが、これを長期に渡って荷重した場合については確認がとれておりませんので、モニターアームの選定・使用については十分考慮して行って下さい。

※上記のテスト結果は、お客さまがお使い頂きます全ての環境・条件について【wanzdesk】の強度が満足できるという結果ではありませんので予め御了承ください。従いまして、モニターアームの取り付けについては、お客さまの責任において実施頂きたいと思います。 

コメントをどうぞ

ページの先頭へ